ドッグフードのおすすめはコレ!選ぶべき3つの理由!

 

安いドッグフードを選んだり
適当に薦められたから
ドッグフード選んでいないでしょうか?

自分は自分自身も安易にドッグフード
選んでいたことがありました。。。。

ただ僕が飼っているレオンちゃんは
市販のドッグフードをあげるとなぜか
涙がでてきてしまうんですね。。。

 

そんなアレルギー症状がピタッ!
と解決したドッグフードの選び方に
ついて解説していきます^^

 

まず

わんちゃんが穀物が消化できないのを
ご存知でしょうか?
わんちゃんは犬です。

犬とは肉食動物なんです。

昔こんなことした思い出があります。

小学校の頃給食で持って帰ったパンを
外飼しているわんちゃんに与えました。
そしたら1時間後。

そのパン全部吐いていたんです!

 

今思えばコレ当たり前なんです。
消化できないモノ与えていたのですから。。。。。

 

でも

でもですよ?

 

わんちゃんに使われている
ドッグフードのほとんどに
その穀物が使われているんです。

それを少量でも少しずつ摂取すると
どうなるのか??

 

市販のドッグフードを食べなくなる

犬が嘔吐する下痢をする

犬の毛が荒れてくる

穀物アレルギーになる

 

わんちゃんは喜んで食べます。

「今日も良く食べるなぁ♪」

なんて思いながら
アレルギーのドッグフード与えているんです。

 

無知は罪です。
この記事を読んでいる人はラッキーですね♪
そのことを知ったので^^

 

穀物を入れたいのはメーカー側です。
要は安く仕上げられるんですね。

ドッグフードは会社からすると
利益目的でしかないです。

 

”表のパッケージは
無視してくださいね。”

 

ドッグフード選びは裏の成分表を
みることです!

 

大抵市販のドッグフードには

”穀物”

が主成分として入っているんです。

 

穀物の多量摂取はアレルギーに
なる危険性があります。
それなのになぜドッグフードに平気で
入っているのか?

それは人間みたく法律で
守られていないのが現状です。

 

カメのエサだろうが
ウサギのエサだろうが
魚のエサだろうが
犬猫のエサだろうが

 

法律上同じエサという扱いなんです。

 

絶対に守るべきドッグフード選ぶべきの3つのポイント

 

ではどういうドッグフードを選ぶべきなのか?
ポイントは3つあります。

 

■生肉が入っていること
■穀物が入っていないこと
■市販のドッグフードはダメ

 

この3つです。
これらを選んであげるだけで
わんちゃんは元気になりますよ^^

そしてこの3つを全部満たしているのは
この商品です。

カナガンドッグフード

 

カナガンドッグフードがおすすめ3つの理由

獣医が推奨している

まずこの商品は獣医師が推薦しています。
沢柳千先生といって
「わんちゃんを家族同然だという思いから」
獣医師になった人が推している
ドッグフードです。

そんな人が推しているドッグフードです。
間違いありませんね。

 

実際にアレルギーが治った!

僕の飼っているレオンちゃんは
涙がすごいでるアレルギーでした。。

いつも涙を拭いて拭いての繰り返しでしたが
それでも止まらない涙。。。

それを救ってくれたのがカナガンです!

カナガン食べることによって見事に
涙が出なくなったのです。

 

原産国がわんちゃん大国のイギリス

そして1番安心して与えられるのが
原産国がイギリスだからです。

イギリスは有名な愛犬大国なんです。
イギリスの電車の内部です↓↓

1I5A3361

 

これが当たり前な風景です。

家族同然と考えている国が
作るドッグフードだからこそ
安心して与えることができます。

 

いかがでしたでしょうか?

ドッグフードってなんか
良く作られているようで
実は原材料が危なかったりします。

 

僕の周りでわんちゃんを飼っている人は
ほとんどカナガンドッグフードを勧めて
います。

愛犬の幸せを望んでいるのでしたら
是非考えてみてください。

 

カナガンドッグフード