子犬がドッグフードを食べないっ!原因をすべてまとめてみましたっ!

1(1)

子犬がドッグフードを食べてくれない。

犬を飼い始めてドッグフードを
食べてくれないとかなり心配になりますよね。

 

「なぜ食べてくれないのか?」
「しつけが悪い?」
「ドッグフードが悪い?」

と色んな要素が含まれて結果
子犬が食べないという選択をしています。

 

食べるのが普通です。

ですがそれをしないのには
しっかりとした原因がありますので
そちらについてまとめてみましたっ!

 

えっドッグフードにふりかけを
かけているんですかっ?

ドッグフードを食べないからふりかけを与えると。。

【原因】なぜ子犬がドッグフードを食べないのかっ?

1(1)

消化器官が未発達

子犬の消化器官はまだ成長段階にあります。

なのでいきなり子犬の段階から
消化しにくいドッグフードを与えてしまうと
食べてから消化に苦しむことになるので
それらを見てくれないんですね。

食べものが胃に到達してから
ドッグフードを胃酸で溶かし始めます。

 

ただ子犬の時期はこれがうまく消化できないので
ドッグフードの中にそういった原材料が
入っている場合には

 

あなたの子犬を苦しめていることと
同じなんですね。

 

なので子犬のドッグフード選びは
慎重に行うべきなんですね。

犬は哺乳類の中でももっとも
短い胃腸の長さだと言われています。
大体ドッグフードなどを消化するのに

”7~8時間かかります。”

つまり、この間ずっと
消化し続けて行くことになります。

 

そして、胃腸の長さが短いのに加えて
子犬はさらに短いってことです。

そんな状態なので
便秘や下痢になりやすいんですね。

胃腸を崩すと当然ですが食欲低下に
繋がります。

下痢なのに焼肉いくようなもんです。
よっぽどでない限り行きたくないでしょう。

子犬は消化器官の未発達なので
ドッグフードや与える餌には
気をつけていきましょう。

 

子犬との主従関係が築けていない

 

子犬の時期はまだ飼い主との信頼関係が
成立していないことがあります。

子犬よりも飼い主が
上だと認識している場合、

ドッグフードを与えても
「気にくわないっ!」
と思い、食べない気まぐれ行動を
起こすことがあります。

なのでもしもしつけなどが上手く
されていないと感じるのであれば

上下関係をしっかりつけて
いきましょう。

 

ドッグフードが粗悪

そもそもがドッグフード自体が
質が悪すぎて食べてくれない
可能性があります。

安ければ安いほど
原材料が終わってるので

安いドッグフードを与えいて
子犬のわんちゃんが食べないというので
あれば、ドッグフードを疑いましょう。

食べないということは
ドッグフードを食べてつらい思いを
してるからなんですよ。

 

いやなのに無理矢理それを
食わせるのは絶対に間違ってます。

”胃腸に負担がなく、
信頼関係があり、
ドッグフードがよければ”

絶対食べてくれます。

それを無理矢理食べさるのは
犬にストレスを与えて、
健康を害する行為です。

今一度全てを見直していきましょう。

 

子犬のうちの食べないなんて
かわいいものです。
老犬なったもっと恐ろしいことがっ

老犬がドッグフードを食べない?のは超危険です。

特集記事

  ドッグフード誘導  
サブコンテンツ

このページの先頭へ