犬がアレルギー性皮膚炎に!ドッグフードを選ぶポイントは?

1(1)

犬がアレルギー性皮膚炎になってしまうと
治すのに大変になってきますよね。

犬のアレルギーにはいくつか原因が
あります。

もしもその原因となるものが
ドッグフードに含まれているとしたら
絶対にその原因物質を
取り除いていきましょう。

アレルギー性皮膚炎になった犬のドッグフードの選び方は?

グレインフリーなものを選ぶ。

1(1)

アレルギー性皮膚炎は
必ず犬がアレルギー物質を
触れているからおきます。

 

花粉症の人がもしも
年中花粉が飛んでいたら
花粉症の症状ってでますよね?

アレルギー物質である花粉を吸うからです。

犬も同じでアレルギー物質を
避けていく必要があります。

 

そのアレルギー物質で可能性が
高いのが穀類の多いドッグフードになります。

 

ドッグフードにアレルギー物質が
入っているということは

”花粉症の人が
   年中花粉を浴び続けている。”

ということと同じです。

 

犬はドッグフードを選ぶことが
できません。そのドッグフードに
アレルギー物質が入っていれば
犬がアレルギーは一生ついてまわります。

 

これは薬でどうのこうのするということが
できません。

薬ではアレルギーを治すことが
できません。

 

症状を抑えるだけです。

なので一番はアレルギー物質に
近い物質穀類を除外することが
効果があります。

 

また穀類を排除することで
低炭水化物の食事につながります。

低炭水化物になれば将来

  • 肥満
  • 糖尿病

などの病気になりにくいです。

なのでより病気になりにくい
食生活にすることが可能なので
一石二鳥です。

 

粗悪な原材料を選ばない

1(1)

実は穀物だけではなく
ドッグフードに含まれている肉にも
気をつけなければいけない
ポイントがあります。

ポイントは

”肉が正しい肉類であるかどうか”

にかかってきます。

 

ドッグフードで使わている原材料には
さまざまな肉の種類が使われています。

  • 本当の肉
  • どこの肉か分からない肉
  • 肉を粉末にしたもの
  • 肉を乾燥させたもの

これらが代表的です。

ここでアレルギー性皮膚炎に
関わる肉は

  • どこの肉か分からない肉

です。

これらは4Dミールというものです。
肉類でもミールとなっているものは
気をつけるべきですね。

 

犬のアレルギーというよりかは

粗悪な肉を摂取させることで
腸内環境がものすごく悪くなります。

 

腸内環境が悪くなるということは
アレルギーになりやすい性質になります。

 

最近の研究では
腸内環境を良くすることで
アレルギー緩和に繋がるとされています。

なので逆にいえば

”腸内環境を悪くする
 食べものを食べれば
   アレルギーになりやすい”

ということに繋がるんですね。

肉は関係ないように思えますが
実はものすごく重要ななんですね。

 

腸内環境を良くする原材料を選ぶ

1(1)

先程も述べたように腸内環境は
かなり重要になってきます。

アレルギー物質を除いた原材料を
選ぶのと同じぐらい大事なことです。

 

腸内環境を良くする原材料で
代表的なものは

サツマイモなどが含まれている
ドッグフードです。

 

サツマイモには胃腸が弱い犬にも
適しています。

▶関連:胃腸を弱いなら強くするっ?!そんなドッグフードとは?

 

サツマイモには胃腸環境を
よくする成分が多く含まれています。

なので必然的にアレルギーに強くなるので
おすすめの原材料です。

 

サツマイモにはカリウム、マグネシウムが
豊富に含まれています。

カリウムが少ない食事をしていると
低カリウム血症という病気に
なることがあります。

 

低カリウム血症は重症になると

  • 心拍の不安定
  • 呼吸筋の麻痺

など危険な症状になることが
あります。

 

なのでアレルギー皮膚炎の犬だけでなく
カリウム不足なドッグフードの食生活を
しているのであればサツマイモは
それらを改善してくれる原材料になります。

 

サツマイモを直接与えるのはどうなの?

ドッグフードに含まれているのでは
なく、直接サツマイモを食べさせるのは?

と考える方がいるかもしれません。

 

ただサツマイモの量を間違えると

与えすぎによる高カリウム血症に
なることがあります。

なんでも与えすぎはよくないんですね。

しかも高カリウム血症になった場合は

  • 不整脈
  • 軽い麻痺症状

が起きる場合あります。

 

なのでなるべくならドッグフードからの
サツマイモ摂取をおすすめします。

 

様々なドッグフードを見てきていますが
サツマイモをメインにしたドッグフードは
今現在ありません。

 

サツマイモは補助的に
入っているともっとも効果があると
されているので直接与えるのは
あまりよくありません。

まとめ

アレルギー性皮膚炎になったら大変ですが
ドッグフードを改善することによって

アレルギー症状を抑えてより早く改善させる
ことも可能です。

 

なので今回紹介したポイントなどを
踏まえてドッグフードを選んでいきましょう^^

 

条件が揃ったドッグフードは
あまりありませんがこちらのドッグフードは
アレルギー性皮膚炎のわんちゃんに
もっとも適したドッグフードになっています。

▶関連:アレルギー性皮膚炎にぴったりなカナガン!実際に食べさせてみた。

 

今、皮膚炎などの病気に
かかっていなくても

長期的に粗悪なドッグフードを
与えすぎていると
病気になったりしてしまうので

そうでない人も今一度
ドッグフードの見直しをしていきまましょう^^

 

特集記事

  ドッグフード誘導  
サブコンテンツ

このページの先頭へ