胃腸が弱い犬におすすめのドッグフードってなに?

胃腸が弱い犬

なにかとデリケートなわんちゃん。

犬の胃腸は人間よりもか弱いです。
わんちゃんの中には食べては
すぐお腹を壊したり、便がゆるゆる~~っと
なってしまうことってありますよね。

 

なのでそんなわんちゃんに
どうやっておすすめのドッグフードを
選べばいいのか?

についてまとめましたので
参考にしてみてくださいね^^

胃腸の弱いわんちゃんにおすすめのドッグフードって?

胃腸が弱いということは
色々原因があります。

ただ!一つ言えることが
胃腸が弱いということはずばり

 

”消化不良を起こしている”

 

ということなんですね!

 

消化不良を起こすということは
ドッグフード自体に
問題があるかもしれません。

おすすめなのが
穀物が入っていないドッグフードを
与えるようにするのが一番です。

 

穀物って結構わんちゃんにとって
消化が大変なので選ぶ際に
気をつけてくださいね!

 

「穀物ってどんなのよ?」
と心の声が聞こえてきそうなので

ずばりこれらに気をつけましょう。

  • とうもろこし
  • 玄米
  • 小麦

これらは特に要注意です。
獣医の人も「炭水化物と穀物」は
NGであると言われているほどなんですね。

 

なんせわんちゃんにとって
消化しにくいものなのですから。。。

しかも穀物を食べている
わんちゃんは太りやすいんですね。

炭水化物が豊富なので、食べたら食べた分、
糖質が脂肪に代わり、
ぶくぶくと太ってしまいます。

 

なので一番に与えて欲しいドッグフードは
グレインフリーが超おすすめです!

グレインフリーとは穀物が一切
入っていないドッグフードのことですね。

 

穀物が入っていなければ、
わんちゃんにとって消化しやすく、
胃腸がいいわんちゃんにとって
優しいドッグフードということになります。

 

胃腸に弱いわんちゃんにおすすめなのは
こちらのドッグフードです。

カナガンドッグフードを食べさせたら食いつきがっ?!

 

穀物が入っていないことに加えて
、肉類がとても豊富に入って消化しやすい
ドッグフードになっています。

肉って消化しにくいんじゃ?
って思う人もいるかもしれませんが、
肉は消化するときに栄養素以外は
排便されるようになっています。

 

それにわんちゃんは肉食動物なので、
肉を消化するということに関しては
人間なんかよりも体の構造上
適した食べ物なんですね。

 

なので必然的に

  • 穀物が入っていない
  • 肉類が豊富

なドッグフードを選んであげましょう。

穀物が入っていると
わんちゃんの食いつきが
悪くなったりします。。。。
なので食いつきアップにも
繋がるので一石二鳥です。

 

さらにカナガンドッグフードには
サツマイモが含まれています。

ドッグフードにサツマイモが入っているとどんな効果が?

1(1)

このサツマイモにはヤラピンという
成分が入っています。

ヤラピンには

  • を整える機能
  • 胃の粘膜の保護
  • 便を柔らかくする作用

 

がありまりますので
胃腸の悪い犬にとってこれほど
嬉しい成分はありませんね。

 

しかもヤラピンは熱に強い!

のでもしもカナガンドッグフードを
ふやかして食べさせたとしても
その成分の効果を失うことがないんですね。

 

胃腸の弱い犬にとって、
ヤラピン=サツマイモは最高っ!ってことです。

 

サツマイモには不溶性食物繊維が
豊富に含まれているます。

これは腸にまで届いてから
水分をぎゅーっと吸収してから
犬の糞が大きくなるとされています。

 

めちゃくちゃ大きくなるということでは
なくて

犬の便がスっと出やすくなる効果が
あると言われているのですね。

 

腸内環境にもサツマイモの効果が◎!!

1(1)

まだまだすごいんです。

サツマイモって。

 

サツマイモには
レジスタンスターチという
成分が含まれています。

 

これは腸内で有機酸という
物質に変わるんですね。有機酸とは

”善玉菌を増やして
   腸内をキレイにしてくれる作用”

があるとされています。

 

胃腸が弱い犬は特に腸内の
環境が超大事で少しでも体調を崩すと

便秘になったり
ゆるゆるになっていまいます。

 

ですけどカナガンドッグフードは
肉類が豊富に含まれているので
犬にとって消化がしやすく、
さらにサツマイモ効果によって

”胃腸の改善と
 便の調子をよくするWパワーっ!”

によって胃腸が強くなると同時に
便が調子もよくしてくれる
ドッグフードなのですね。

 

 

胃腸が弱くなる原因はドッグフードの原材料ミールの可能性もっ!

また胃腸が弱くなる原因に
粗悪なドッグフードの原材料を
使っているという可能性もあります。

 

便秘になりやすい犬には
かなり気を付けないといけない
のが4Dミールという原材料です。

こちらのドッグフード成分表を
みれば一発で分かります。

00294_1

 

肉類(チキンミール、ミートミール・・・)

と書いてありますよね?

これらの原材料は4Dミールといって

・Dead(死んだ動物の肉)
・Dying(死にかけの動物の肉)
・Diseased(病気の動物の肉)
・Disabled(障害のある動物の肉)

が含まれている可能性があります。

これがどう便秘に繋がるのかといいますと

”骨や他の異物などが
  消化不良の物質が含まれている”

可能性があることから
犬が便秘になったり胃腸を痛めたり
する原因につながってくるんですね。

 

なので

  • ミールと書いてある原材料を使っている場合
  • それらの原材料を長く犬に与えている場合

にはもしかしたら体質という問題ではなく
ドッグフードそのものが原因になっている
可能性があるということですね。

 

まとめ

胃腸が悪い犬にはドッグフードの改善は
早急に行うべきですね。

もしも上記で述べたような
4Dミールを使っていたり、穀類をメインに
使っているドッグフードの場合には
胃腸にダメージが
どんどん蓄積されていきます。

カナガンドッグフードはそれらの物質が
入っていないません。

また同時にサツマイモで
胃腸の環境を整えてくれるので

  • 便秘
  • 軟便

などに悩まされているわんちゃんには
切り替えてみて様子をみてみるのも
いいですね。

カナガンドッグフードは自分の飼っている
わんちゃんにも食べさせてみました。

そしたら食いつきも良くなりましたし
健康状態も今まで雲泥の差です。

胃腸にいいカナガンドッグフードを食べさせてみたっ!

 

特集記事

  ドッグフード誘導  
サブコンテンツ

このページの先頭へ