犬が脱臼したら手術?サプリメントは効果があるの?

1

犬が脱臼をしてしまった場合に
サプリメントなどは有効なのか?

早く治したい飼い主にとったら
知りたいことでもありますね。

なので今回は犬の脱臼について
まとめてみましたので
参考にしてみてくださいね。

犬の脱臼とは?

そもそも脱臼した!というのはどういう
ことなのか?

 

骨はすべての動物に存在するものです。
それらの間に一緒に付随しているのが
関節と呼ばれる部分です。

 

そしてこの骨と関節をつなぐ為の
カプセルなどが存在します。

これらは厚い繊維層でできていて
正常に機能しないと動くことができません。

 

脱臼とはそれらが破壊された状態のことを
さします。

 

脱臼は先天性と後天性のものに分けられます。

  • 外傷誘発脱臼または出生時が先天性。
  • ストレスや肩の脱臼は後天性。

となっています。

日本で飼われている犬でなりやすい脱臼は?

1

小型犬のすべてのわんちゃんが
脱臼になりやすいといえます。

一番なりやすい脱臼が

”膝蓋骨脱臼という脱臼です。”

こちらの脱臼は先ほどの先天性のものでは
なくて、事故やアクシデントなどによる
外的要因がほとんどです。

またストレスなんかも原因で
たまに発症します。

 

一言に脱臼といっても
実は段階があるので
獣医などに言われた時は
自分の飼っている犬が
どの段階なのか把握しておきましょう。

 

グレート1

膝蓋骨は通常の位置にあって、
押して戻すのが容易な状態です。

痛みなどはほとんどない為、
この段階で気づくことは難しいです。

ただ走り回っていたり、急な動きのときに
動けないことがあります。

グレート2

膝蓋骨はグレート1同様に通常の位置です。

ただ曲げたときに脱臼をしてしまいます。
さらにまた骨をまっすぐに戻さないと
脱臼が治らない状態です。

足をぴんと伸ばしたりして必死で戻そうと
することがあります。

脱臼自体は戻せるのですが
そのまた脱臼になるケースがあります。

一度脱臼をすると戻ってもなりやすいので
再度なって悪化した場合にグレート3に
なる可能性があります。

グレート3

脱臼している状態が続きます。

押して戻したとしても再度外れたりしてしてしまう状態です。

常に脱臼している状態なので
足を引きずってしまうんですね。

グレート4

脱臼した状態から抜け出せない状態。

ここまでくると手術をしても完治する見込みが少ないので
もしも手術をするのであればグレート3まで
とされています。

 

 

脱臼にはサプリが有効的なの?

1

膝蓋骨脱臼にはやはり手術するのが一番です。

ただ手術ともなると少し気が引けますよね。

なので脱臼になった初期状態、もしくは
脱臼になっていないわんちゃんには
脱臼に対策をしていきましょう。

 

足に負担のない生活をする

やはり足に負担がない
生活をするのが一番ですね。

 

フローリングなんかも
床が滑ってしまうと足に負担がかかります。

ソファの昇り降りなんかも
元気そうにやっていても
ダメージは蓄積されていきます。

「私のわんちゃんは
   元気だから大丈夫」

なんて思っていると
いつの日かよたよたと歩く。。。

なんてことにならないようにしましょう。

太り過ぎに注意する。

やはり体重増は足に負担がかかります。

体重が増えないように

  • 運動させる
  • ドッグフードの量を変える

などコントロールしていきましょう。

ドッグフードは穀物がないものが
おすすめですね。

穀物だとわんちゃんの胃にたまりやすく
そのまま脂肪となることがあります。

体重多いですよ。

と言われているワンちゃんには
ドッグフードを変えてみるのも
ありですね。

 

また筋肉量を増やしていけば
脱臼の負担も軽減できる可能性があります。

筋肉が足のクッションとなってくれるので。

こちらの場合にもタンパク質が豊富な
ドッグフードがおすすめですね。

 

サプリメントは飲まない方がいい?

基本的に手術が一番効果的と
言われていますが

ただ手術に依存してしまう
考えだとあんまりよくありません。

なぜなら
 ”手術をしても
   また再発してしまう”

ということが脱臼には起こるから
なんですね。

 

なので日頃のわんちゃんのケア
+サプリメントで関節にいい成分
のものを与えていい方向に
もっていきましょう。

 

成分はコクセインという成分が
配合させれているものを選びましょう。

コクセインのコンドロイチンは
腸の中で吸収される率が7割を
越えるのでおすすめです。

 

コンドロイチンが入っていればいい

というわけではなくて
コクセインのコンドロイチンを
選ぶようにしてみてください。

他のコンドロイチンは腸での吸収率が
とっても悪く10~20%しか吸収されません。

 

せっかく与えてもうんちででてきてしまう。。
じゃ意味ないですよね。。

なのでしっかりと成分を意識して
選んでいきましょう。

まとめ

わんちゃんが脱臼すると
再発したり、中々治らない。。。

なんてことになってしまいます。

 

ですのでしっかり日頃から
脱臼にならない生活を
意識してあげましょう。

 

特集記事

  ドッグフード誘導  
サブコンテンツ

このページの先頭へ