ドッグフードに塩入りがあるけど大丈夫なのか?

ドッグフードに塩入りがあるけど大丈夫なのか?

 

ドッグフードに塩って表記している
ありますが少し注意が必要です。
その塩をわんちゃんの関係性について
書いていきますね。

 

塩は必要なのか?

 

まずわんちゃんに塩が必要なのか
どうかですがずばり

 

”全く必要ありません”

 

全く必要ないというとアレなんですが
正しくは塩を気にしなくても
十分肉とかに塩分が多少入っているので
それを必要以上に入れることを
しなくても大丈夫だということです。

 

もしも塩が必要なモノで
いるのでしたら大々的に
表に塩配合!みたいに
アピールするわけです。

ですがそういった表に
ない時点でわんちゃんに
必要でないことが容易に
分かりますね。

人間ですら9グラムとかで
いいのです。わんちゃんだと
どれだけ詳しい数値はでていませんが

微量でも十分大丈夫だと推測できます。

 

なんで塩入りドッグフードが存在するのか?

 

これは二つ理由があります。

 

■塩が入っている方が食いつきがいい

人間はもちろんわんちゃんも味濃い
方が好みます。
ということはドッグフードの食いつきが
上がりやすくなるんですね。

 

■塩を入れて原材料を誤魔化している

原材料の殺菌効果などで塩を
使うことで塩が原材料に含まれて
しまい塩と表記しているケースです。

 

どちらにしてもわんちゃんには
良くないです。

味が濃いモノはわんちゃん覚えます。
なので他のドッグフードを全く食べない
ということにもなりかねませんので
そこは覚悟してください。

あとわんちゃんに塩を与えすぎると

 

”癌”

 

にもなりやすくなったり
高血圧になったりしやすくなるので
なるべく避けたい原材料ですね。

わんちゃんが一見喜んで食べて
しまうのでこちらとしては
嬉しいのですが

病気になったら可哀想ですよね。。。

 

あというまでもないと
思いますが人間が食べているモノも
絶対に与えてはダメですので
注意したいところですね^^;

ちなみに塩が入っていなくても
食いつき抜群のドッグフードは
こちらがおすすめです。

カナガンドッグフード

是非試してみてくださいね^^

特集記事

  ドッグフード誘導  
サブコンテンツ

このページの先頭へ