犬の肥満とフードの関係性を最新ダイエットから考えてみました。

犬の肥満とフードの関係性を最新ダイエットから考えてみました。

犬の肥満が気になる方は
いると思います。

わんちゃんは肥満になると
人間よりも病気になりやすく
なります。そんな肥満と
ドッグフードの関係性について
話していこうと思います^^

 

犬の肥満はドッグフードをかなり関係がある?

わんちゃんが肥満になるのは
一つ原因があります。それは

”与えた分だけ食べてしまう”

ということです。
わんちゃんはもらえるモノは
もぐもぐ食べちゃう癖があります。

 

それが美味しいと感じるモノなら
どんどん食べてしまいます。
わんちゃんてどれぐらい
ドッグフード与えていいかって
確かに難しい部分でもあります。

なのでわんちゃんの肥満は

”飼い主次第”

 

とも言えます。なので
しっかり管理してあげたい所ですね。
あともう一つは

 

”ドッグフード”

 

が1番の原因だということです。
ドッグフードの原材料には
色んなモノが入っていますが

原材料に注意してください。
もしも炭水化物(糖質)が多いドッグフードが
入っていたら要注意です。

 

肥満になる原因は
炭水化物(糖質)になります。

 

こんなダイエット法聞いたこと
ありますか?

 

”糖質制限ダイエット”

 

このダイエット法は
糖質を抜くということなのですが

 

”糖質以外は何でもOK”

 

というダイエット法です。
なのでカロリーが高くても
肉、脂っこいモノ、マヨネーズ
なんでも食べてもいいでけど

 

米、ラーメン、うどん、ケーキ
など糖質などを制限するという
ダイエットです。

 

肉食べまくったり脂っこいモノ
食べて本当に痩せるのかよ?
って思われるかもしれませんが

筆者も実践して3週間で5KG痩せました。
食べても痩せれるので
めちゃくちゃいいです。

糖質制限は
ドッグフードに関係しています。

 

実はドッグフードには
炭水化物が多く入った
原材料のモノが多いの現状なんです。

 

つまり世に出ているドッグフードは
そもそも

 

”太りやすい”

 

ということです。
しかもわんちゃんは与えた
だけ摂取してしまうので
太ってしまうんですね。

 

なのでそれを防ぐには一つです。
炭水化物(糖質)が
少ないドッグフードを選べばいいわけです。

 

これで仮にも多く与えてしまっても
糖質が少ないので太りにくいので
わんちゃんも健康になるわけです。

肥満の原因が少ないドッグフードを
与えていればみるみる痩せていくと
思うのでしっかり選んであげましょうね^^

 

特集記事

  ドッグフード誘導  
サブコンテンツ

このページの先頭へ