ドッグフードに含まれる危険すぎるミートミールの正体とは?

ドッグフードに含まれる危険すぎるミートミールの正体とは?

 

 

ドッグフードの原材料について
ペットショップ店員時代から調べて
いるのですが

ドッグフードの原材料として
含まれているミートミールについて
今回はまとめてみましたので
参考にしてみてくださいね^^

 

ミートミールってなに?

なんとなくお肉を使っている
ミンチみたいなモノ?と
想像されるかと思いますが

それで確かに合っているのですが
実は問題視する部分は
そこではありません。

 

問題なのは

 

””どんな肉を使用しているのか”

 

の部分です。
ドッグフードと聞くと
安全に作られているから
安心でしょ?と思われるかも
しれませんが

 

国がドッグフードを食品として
扱いにしているかというと
そうではありません。

 

国からすると厳しい言い方をすると

”動物のエサ”

 

 

という扱いでしかありません。
わんちゃんに限らす
猫や魚やウサギのエサは

 

全て同じ括りとされているのです。
つまり結構

 

”無法地帯”

 

であるということです。

 

あるサイトでは詳しく書いてあったので
参照しますと

 

血液、毛、ひづめ、角、くず皮、糞、胃、ルーメン(ただし、含有物を除く)部分を精製したもの(脂肪を除いたもの)。 カ ルシウムの含有量がリンの2.2倍を超えていないもの。 ペプシン(胃液に含まれる消化酵素)で消化できない残留物が12%以下で、また精製されたものの 中の、ペプシンで消化できない粗たんぱく質が9%以下であること。

これがミートミールの正体です。
もしもコレ、人間だったら
まず大問題になると思います。

 

以前マクドナルドで話題になった
に海外での腐りかけた肉や工場に
落ちた肉をそのまま使用して
マクドナルドではかなり信用を
損ねていましたが

 

それがわんちゃんの
ドッグフードでは同等、
またはそれ以上のことが

 

普通に使用するのを認められて
使われているということです。

 

。。。ただそれがこれから
変わることはないと思います。

これからもミートミールは
ドッグフードに使われていきます。

 

わんちゃんはドッグフードを選ぶことが
できないので飼い主である自分達がちゃんと
安心して食べてもらえるドッグフードを
選んでいくべきですね。

 

 

特集記事

  ドッグフード誘導  
サブコンテンツ

このページの先頭へ