犬の食糞はストレスが原因の場合があるので要注意です。

犬の食糞はストレスが原因?

犬の食糞はストレスが
原因の一つだとされています。

ただただ
犬がイラっとしていて
食べてしまう・・

ではないんですよ。

 

実はストレスを受けることで
犬の体内では色んな悪影響が
あるんです。

今日はその食糞と
ストレスについてまとめてみましたよ。

 

食糞を手っ取り早く秒速で
改善したいならこちらを
参考にしてみてくださいね。

みんなが驚くっ!!犬の食糞を防げるサプリメント

食糞とストレスの関係は?

22

犬がストレスを起こすと
食糞だけではなく様々な
悪影響がおこります。

 

ただ今回は食糞にだけフォーカス
してお伝えしていきます。

ではなぜストレスが大きく関わって
いるのか?

それは

”ストレスによる腸内環境の悪化”

が原因になっているケースが
あるからなんですね。

 

「ストレス?腸内環境?
なんのこっちゃ」

と思われるかもしれませんが
これ、本当に大事なことなんですね。

 

まずストレスが起ると
犬の体内では胃腸で悪玉菌が
増幅していきます。

 

悪玉菌が増幅していくと
腸内に腐敗物を残そう残そうという
働きが出てくるんですね。

 

そういう働きが出てくることで
腸内環境が悪化してしまいます。

 

腸内環境が悪くなれば

  • 下痢、便秘
  • アレルギーになる
  • 糞の匂いがきつくなり、食糞する

という悪循環になっていきます。

 

なので犬がストレスを感じる生活を
していると、食糞をする確率がぐんっ
上がってしまうことがあります。

 

運動不足などもストレスの原因なので
散歩をさせるなど、なるべく運動不足
にならないように心がけていきましょう。

 

犬がストレスで食糞していると判断には?

22

食糞をしているからといって
ストレスが全てではありません。

 

なので犬のどんな行動をみて
ストレスが原因で食糞しているのか?

これは悪玉菌が増えた
腸内環境によって様々な犬の症状を
みれば一発で分かります。

 

犬が昔と比べて臭くなった。

犬自体から口臭や体臭が
でてきたら要注意です。

まずストレスにより悪玉菌が増えます。
そうすることによって

”有害物質が腸を通して
    血液からどんどん体中に行き渡ります。”

そうなってきてしまうと
腐敗臭が犬の毛穴からどんどん
放出されることによって臭いと
感じるわけなんですね。

なので口臭や犬が独特な匂いがして
臭いと感じるのでしたら
悪玉菌が増えたと判断できるので
ストレスを疑えます。

便が臭い。

悪玉菌から増えた有害物質がそのまま
便として放出されるので

便自体にきつい匂いがつきます。

 

便はそもそも匂いをあまり放出しないのが
普通です。

それがあまりにも臭いのは
そういった悪玉菌などが原因となっています。

 

あまり運動をしなくなった。疲れやすい。

悪玉菌が増えて有害物質が血液から
体中に広まっていくと

”犬の免疫機能がガクッと落ちます。”

免疫機能が落ちると
疲れやすい体になってしまうので

年齢にもよりますが
いきなりあまり運動しなくなったなと
感じるのであれば

悪玉菌の影響の可能性が
十分に高いですね。

 

食糞はストレスが原因だとしたら以上の
ことを観察してみてください。

もしもどれかが当てはまっていたら
胃腸に9割以上の原因があります。

 

またストレスの他にドッグフードが
原因の場合があります。

とくに市販のドッグフードは
胃腸に悪影響があるものばかり
ですので要注意です。

 

ストレスがなくなっても
悪玉菌が増え続ける環境を
ドッグフードで作ってしまって
いるのであればとても危険です。

ストレスがなさそうならば
ドッグフードは変えた方がいいですね。

食糞を改善する究極系ドッグフードモグワン。

 

特集記事

  ドッグフード誘導  
サブコンテンツ

このページの先頭へ